“ユニクロの白シャツ” 買っていいもの、ダメなものは…
2018年09月25日(火)
360.life編集部
360.life編集部/Test by MONOQLO編集部
“ユニクロの白シャツ” 買っていいもの、ダメなものは…
もはや“ド定番”と呼ぶべきユニクロの白シャツ。その数なんと20種類以上。こんなにあったら買っていいものダメなものが必ずあるはず! というわけで、ファッションのプロ5名にご協力いただき、買うべき1枚、すなわち“ド定番中のド定番”を決めていただきました!
製品画像をクリックすると購入ページへ移動します。
  • ユニクロの白シャツ6種を
    プロ目線で格付けしました
    
ユニクロのド定番といえる白シャツは、繊維のプロとの共同開発によって、ここのところ生地のグレードが上がり続けています。ドレス(ビジネス向き)もカジュアルも税抜3000円以下にも関わらず、最近では東レと本格的に提携したことでますます質感は本格的に。縫製やコスパでは文句のない出来栄えといえます。

でも、種類多すぎ! 正直、どれを選べばいいのか素人にはサッパリです。そこでファッションのプロにガチ検証を提案、買っていいものダメなものを決めていただきました。これは、その検証の一部始終です。

ピックアップしたのは以下の6種。期間限定のものを除き、全国の店舗で入手できるスタンダードなアイテムです。

・「オックスフォードシャツ」
・「オックスフォードスリムフィットシャツ」
・「ファインクロススーパーノンアイロンシャツ」
・「ファインクロスオックスフォードシャツ」
・「ファインクロスストレッチスリムフィットオックスフォードシャツ」
・「エクストラファインコットンブロードシャツ」

検証は商品をすべて店舗で買い、ファッションのプロ5名が実際に手に取り、着てみて採点。チェックしたのは着丈などの「寸法」、「生地感と着心地」、「インナーは透けるか」、「サイズ感」、「洗濯して縮むか」、「アイロンですぐシワが伸びるか」の6項目です。

検証に当たっていただいたのは5人のファッションのプロ。スタイリストの伊藤良輔さん、スタイリストの池田未来さん、スタイリストの井田正明さん、ファッション系ライターの力石恒元さん、ブランドプレスの高畑誠さん。

各シャツの総合評価の意味は以下のとおりです。

S評価:ユニクロに見えないレベル! 大人の男性が着てサマになります。
A評価:ユニクロでこの値段にしては良い。大人が着ても問題ありません。
B評価:ダメとまではいえませんが、商品としては可もなく不可もなく。
C評価:買ってダメなレベル! 大人の男性が着るには向きません。

では、ファッションのプロがガチで検証したユニクロのド定番白シャツの格付けをご覧ください!
  • 【S評価】生地もディテールも
    ハイブランドに負けません!
    
生地、ディテールともに有名ブランドにも引けを取らない作り。シワや縮みを差し引いても、ファッション性で高評価。「すべてにおいて優秀。大きめに着たい」スタイリストの井田正明さん。
ユニクロ
オックスフォードシャツ
実勢価格:1990円+税
[寸法]
[生地感と着心地]
編み目がはっきりしている厚手生地で表情豊かに。コットン100%なので肌触りもソフトでなめらかです。

[インナーは透けるか]
やや透けますが、生地が厚いので遠目では気になりません。

[サイズ感]
腕周りには余裕あり。一枚でさらっと着るのにはちょうど良い丈感です。

[洗濯して縮むか]
編み目が甘い生地のため、縮みは避けられません。

[アイロンですぐシワが伸びるか]
シワはやや残りますが、素材を考えると許容範囲です。オンでもオフでも使える万能シャツはオックスフォードシャツで決まり!
  • 【A評価】スーツ向きです!
    スリムですが細部にやや不満
    
S評価のオックスフォードシャツのスリム版。「スリムなのでスーツにも合いそうですね」とライターの力石恒元さん。スマートさは確かにS評価のオックスフォードシャツより上ですが、背中のボックスプリーツとループが省かれ、個性が薄れてしまいました。
ユニクロ
オックスフォードスリムフィットシャツ
実勢価格:1990円+税
[寸法]
[生地感と着心地]
肉厚感のあるオックスフォード地を使用し、自然な風合いが魅力。コシが強く、かつ着心地も上々です。

[インナーは透けるか]
比較的肉厚な生地感で透けはあまり感じられません。

[サイズ感]
腕、ウエストともに絞り込まれ、スーツの下に着るのに向いています。

[洗濯して縮むか]
想定の範囲内ですが、ある程度の縮みは覚悟しておく必要があります。

[アイロンですぐシワが伸びるか]
厚手なので、一度でシワを伸ばすのが難しいのは残念。
  • 【A評価】オンもオフもOK!
    長めのサイズ感が減点対象に
    
ドレスとカジュアルの中間といった位置づけで、オンオフ兼用が可能。ただ、長めのサイズ感がやや野暮ったい印象で減点に。ただし、「オックスフォードの生地感はまずまずです」とスタイリストの伊藤良輔さん。
ユニクロ
ファインクロスオックスフォードシャツ
実勢価格:2990円+税
[寸法]
[生地感と着心地]
細い100番手の糸を使用したオックスフォード生地なので、風合いがありながらもキメが細かくしなやかです。

[インナーは透けるか]
キメが細かいので、通常のオックス地よりは透けます。

[サイズ感]
裾がやや長めなので、写真のように出して着ると野暮ったく見えます。

[洗濯して縮むか]
神経質になるほどではありませんが、それなりに縮みます。

[アイロンですぐシワが伸びるか]
アイロンを1回かけると折り目はすぐに消えてしまいました。
  • 【B評価】仕事用と割り切るなら
    アリな1枚です!
機能がすぐれているだけにドレスシャツ感が強く、オフでは使いづらいかもしれません。もしも買うなら仕事用と割り切って選ぶのが正解です。「個人的には、襟の形が好みじゃない…」とスタイリストの池田未来さん。
ユニクロ
ファインクロススーパーノンアイロンシャツ
実勢価格:2990円+税
[寸法]
[生地感と着心地]
機能シャツでありながらコットン100%で、肌触りもソフト。明るい白地なのでビジネス用途に最適です。

[インナーは透けるか]
素材のキメ細かさゆえ文字などはすぐに透けてしまいます。

[サイズ感]
丈、裾は長めで、シルエットにも余裕があり、ゆったりしたサイズ感です。

[洗濯して縮むか]
袖、裾ともに、優秀な縮み耐性を発揮しました。

[アイロンですぐシワが伸びるか]
むしろ洗濯後すぐにでも着られるレベルです。
  • 【B評価】オックス地ながら
    化学繊維混合で不評に
    
化学繊維が混じったストレッチ素材のため、肌触りの気持ち良さは他のシャツに及ばず。スリムさに限れば1番の出来ですが、「悪くはないのですがカジュアルには△」とスタイリストの伊藤良輔さんはやや低評価でした。
ユニクロ
ファインクロスストレッチスリムフィットオックスフォードシャツ
実勢価格:2,990円+税
[寸法]
[生地感と着心地]
オックスフォードとは謳っていますが、ポリウレタン混なのでテカテカした光沢感が強く、普段着には微妙です。

[インナーは透けるか]
下に着ているインナーがうっすら透けて見えるレベルです。

[サイズ感]
身体にフィットしますが、袖は時計がひっかからない程度の余裕があります。

[洗濯して縮むか]
ワンサイズ上にしたいぐらいの最大の縮み幅でした。

[アイロンですぐシワが伸びるか]
A評価のファインクロスオックスフォードシャツと同様、短時間でしっかり伸びました。
  • 【C評価】カジュアルすぎ!
    大人向きではありません
    
ハリコシある風合いは魅力ですが、カジュアルすぎてオフにしか着られません。「 薄すぎて下着や肌が透けそうでマイナス」とブランドプレスの高畑誠さん。値段のお得感はありますが、ムラが目立って安っぽいのが残念! 
ユニクロ:エクストラファインコットンブロードシャツ:白シャツ
ユニクロ
エクストラファインコットンブロードシャツ
実勢価格:1290円+税
※9月27日までの期間限定価格です。
[寸法]
[生地感と着心地]
繊維の長い超長綿でツヤやコシは強い。とにかく生地は薄いので着心地は軽快ですが、チープな印象も否定できません。

[インナーは透けるか]
薄いので非常によく透けます。インナーなし、シャツ1枚で着るべきです。

[サイズ感]
裾や袖の丈もちょうどよく、シャツ1枚で着ても問題ないレベルです。

[洗濯して縮むか]
縮み耐性ではファインクロススーパーノンアイロンシャツに次いで、6種の中で2位。

[アイロンですぐシワが伸びるか]
折り目がしっかりつく生地なので、なかなか苦戦しました。

以上が検証の詳細です。結果、ユニクロのド定番の白シャツで買うべき1枚は、「ファインクロス」でも「エクストラファイン」でもありませんでした。「オックスフォード」が正解だったんです!

大人の男性がオンオフ限らず着てもイケる白のオックスフォードシャツ。まだ持っていない方は、ぜひご検討ください。

今回ご協力いただいたファッションのプロはこちら。
写真左:スタイリストの伊藤良輔さん
写真中:スタイリストの池田未来さん
写真右:スタイリストの井田正明さん
写真左:ライターの力石恒元さん
写真右:ブランドプレスの高畑誠さん

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

オススメのコンテンツ

  • [ワイシャツ]
    “ユニクロのオックスフォードはコスパが良すぎる説”は真実でした
  • [ワイシャツ]
    “できるビジネスマン演出”は安くてもOKだって、ご存知ですか?
  • [ワイシャツ]
    売り切れ必至! ユニクロのカーディガンをスタイリストが絶賛した理由
  • [ワイシャツ]
    無印でもGUでもない! 今秋、絶対買っておきたいカーディガンは…
  • [ワイシャツ]
    グローバルワークのボタンダウンをプロが絶賛した理由【現在セール中!】
  • [ワイシャツ]
    ユニクロ、GU、GAPでもない! おすすめストライプシャツBEST5
  • [ワイシャツ]
    知ってた? ネットで仕立てる“オーダーシャツ”のコスパが良すぎるんです!
  • [ワイシャツ]
    満場一致! ユニクロ、GUより「無印良品」を買うべき理由
  • [ワイシャツ]
    ビジネスにも使えます。無印良品の白シャツが“安バレ”しない理由
  • [オーダーメイドスーツ]
    ここで問題です。どっちが“4万円のオーダースーツ”でしょうか? 正解はまさかの…
  • [スーツ]
    ユニクロ“セミオーダー”のコスパが最強すぎ! プロ絶賛の理由がこちら
  • [オーダーメイドスーツ]
    【4万円以下】でも完成度高すぎ! オーダーメイドスーツランキング8選
  • [シェーバー]
    【コスパが良いとは?】スペックではわからない、本音の安くて良い生活家電3選
  • [折りたたみ傘]
    カインズの“濡らさない傘”なら雨の日のイライラぜんぶ解消できました
  • [メンズ消臭・デオドラント]
    “オッサン”を“オジサマ”に変える! 知ってて損ナシの身だしなみ大傑作3選
  • [シェーバー]
    「電気シェーバー」Amazonで買って後悔しない1台がコレ
  • [ジーンズ]
    [ユニクロ定番ジーンズ6選]プロが解説! 今買うべきは“生デニム”な理由
  • [インナーウェア・下着]
    [ユニクロ]一年中使える、最強のエアリズムがコレでした。3製品比較編
  • [ファッション小物]
    ユニクロのド定番「無地Tシャツ」買っていいもの、ダメなもの
  • [ファッション小物]
    今こそ買い! ユニクロの秋ニットは“クルーネック推し”の理由
  • [ファッション小物]
    まるでヴィンテージ! ユニクロのワークシャツはコスパがちょっとヤバいです
  • [ファッション小物]
    秋のユニクロ。ネルシャツの“逸品”と“ガッカリ”の境界線がこちらです
  • [ファッション小物]
    [ユニクロ]満場一致! この秋最強のネルシャツが決定しました
  • [ジーンズ]
    「3万くらい?」3990円のユニクロジーンズをプロが絶賛した理由