アウトドア聖地で見つけたオススメ「Airbnb」民泊スポット13選
2018年06月02日(土)
360.life編集部
360.life編集部/Test by MONOQLO編集部
アウトドア聖地で見つけたオススメ「Airbnb」民泊スポット13選
今回はAirbnbに掲載されている宿泊施設から、キャンパーたちの聖地にある安い民泊施設のご紹介です。2人目以降は料金が安くなる施設も多いので、大人数で遊びに行くなら要チェック。
  • Airbnbを駆使して
    キャンプ体験を手軽にお安く!
いざキャンプをしてみようと思っても、道具の準備や高価なキャンプ用品などで足踏みしてしまう人も多いのでは? 近い知り合いに上級キャンパーがいないと相談も難しい状況です。そこで手軽に楽しめるキャンプとして、自然を満喫できるグランピングや民泊などがあります。さらに世界最大規模の民泊アプリAirbnbを駆使して、お安く済ませられる施設を紹介しちゃいます。最大人数で宿泊した場合の金額も合わせて、参考にしてみてください。
  • 都心ではできない田舎体験を
    長野で思いきり楽しもう
1.Yatsugatake Small House
Yatsugatake Small House
住所:非公開
宿泊料金(1泊1名):平日3300円~/休日3900円~、清掃料金/998円+サービス料金、1名追加につき1500円(上限5名で泊まると1名あたり2486円)
※料金は時期によって変わります。

内装を家族でリノベーションしたという、温かみのある長野のウッドハウス。周辺には登山や渓流釣りができるアウトドアスポットがあり、施設の敷地内では石窯体験もできます。
石窯はなんと手作り。事前に予約しておけば、ピザ生地を提供してもらえます。
隣には美味しい焼き菓子屋さんも。

2.カナディアンログコテージ TAKITARO
カナディアンログコテージ TAKITARO
住所:長野県安曇野市穂高有明8953
宿泊料金(1泊1名):平日6500円/休日7500円、清掃料金3240円+サービス料金、1名追加につき7500円(上限16名で泊まると1名あたり8543円)
※料金は時期によって変わります。

信州安曇野の穂高温泉郷にある、本格ログハウスの貸別荘。コテージに隣接しているプライベートガーデンがあり、夏はBBQや花火、冬にはリビングに備えられた薪ストーブを楽しむことができます。
キッチンには食器類・調理器具、家電、Wi-Fiまで揃えられているので、準備はほとんどいりません。
徒歩圏内には温泉も。お酒を飲んでも温泉まで歩いて行けるのが嬉しいです。

3.悠合カフェ キャンプ&グランピング
悠合カフェ キャンプ&グランピング
住所:長野県駒ケ根市赤穂16613-3
宿泊料金(1泊1名):平日/7200円、休日/9000円~+サービス料金、1名追加につき7500円(上限5名で泊まると1名あたり8604円)
※料金は時期によって変わります。

1500坪のキャンピングサイトのなかにあるグランピング施設。中央高速駒ケ根I.C.から15分で着き、都心からのアクセスも便利です。インナーテント内にはベッドが置かれていて、虫が入る心配もナシ。
レストランが併設されており、オーガニック食材を使用した料理を堪能することも。朝食には採れたての野菜が使われます。

4.HutteLied ヒュッテ・リィト
HutteLied ヒュッテ・リィト
住所:長野県小諸市乙大字大平846-1
宿泊料金(1泊1名):平日・休日/8500円~+サービス料金、1名追加につき3000円(最大4名で泊まると1名あたり2238円)
※料金は時期によって変わります。

浅間山の麓にある宿泊施設。キッチンには基本的な調味料も揃っており、自炊やBBQも楽しめるようになっています。
敷地内には無料の駐車スペースがあります。
森の中は鳥のさえずりや風の音が癒やしになり、夜は真っ暗になるため、晴れていれば星がキレイに観測できます。
  • 東京で自然を感じることができる
    豪華なグランピング施設
5.The only village in Tokyo Hinohara Glamping
The only village in Tokyo Hinohara Glamping
住所:非公開
宿泊料金(1泊1名):平日6520円~/休日10000円~+サービス料金、1名追加につき5000円(上限5名で泊まると1人あたり6007円)
※料金は時期によって変わります。

東京都にある唯一の村、檜原村にあるグランピング施設。敷地内にはBBQグリルやアメニティが完備されています。東京だということを忘れてしまいそうな大自然のなかでくつろげる、秘密のスポット。
施設のそばには川が流れていて、東京都は思えない風景が広がります。
遊歩道を歩いた先には有名な「払沢の滝」。その近隣には食事処が立ち並びます。
自然に囲まれた温水ジャグジーは好きな時間に入浴可能。カーテンがついているので女性でも安心です。
  • 千葉に上陸した日本初の
    改良型アースバック建築
6.いすみガーデントリート&トーテムの家
いすみガーデントリート&トーテムの家
住所:千葉県いすみ市弥正636-1
宿泊料金(1泊1名):平日・休日9000円+サービス料金(上限4名で泊まると1名あたり9000円)
※料金は時期によって変わります。

1000平米の英国式ガーデンが広がる敷地内に建つアースバッグハウス。地球と人に優しく、災害にも強い新工法を用いた施設です。近隣にはコンビニやスーパーもあり、便利さと自然体験が両立している環境。
まるで異世界にいるような空間に、満足すること間違いナシ。2017年にできたばかりの新しい施設です。
  • 趣きのある古民家などがある
    兵庫県でゆったり過ごそう
7.せせらぎ荘
せせらぎ荘
住所:兵庫県朝来市生野町黒川15-1
宿泊料金(1泊1名):平日・休日3000円+サービス料金、1名追加につき3000円(上限16名で泊まると1名3390円)
※料金は時期によって変わります

JR生野駅から車で30分ほどにある古民家。併設されているキャンプ場ではオープンデッキのBBQをしたり、施設のそばにある川で蛍観賞を楽しめます。
室内には昔ながらの囲炉裏があり、冬場は火を焚くこともできます。古民家ならではの楽しみを満喫しましょう。

8.バケーションホーム
バケーションホーム
住所:兵庫県宍粟市波賀町原519-1
電話:090-6820-5654、090-8205-7800
宿泊料金(1泊1名):平日・休日7500円(朝食・夕食つき)、清掃料金4000円+サービス料金、1名追加につき7500円(上限8名で泊まると1名あたり9035円)
※料金は時期によって変わります

オーナー夫婦が作り上げたログハウス。自然豊かな環境の中にあり、食事は宿泊客のリクエストに臨機応変に対応してくれます。
車で15分ほど走らせるとカヌークラブがあります。
  • 四季折々の自然に触れられ
    お得な愛媛のアウトドアスポット
9.久万高原ふるさと旅行村
久万高原ふるさと旅行村
住所:愛媛県上浮穴郡久万高原町下畑野川乙488
宿泊料金(1泊1名):平日3992円~/休日4990円~+サービス料金、追加人数分の料金は無料(上限4名で泊まると1名あたり1136円)
※料金は時期によって変わります。

こちらのふるさと旅行村では、四季折々さまざまな体験ができます。ピザ焼き体験やうどん作り体験、ニジマスの釣り堀など、一度にたくさん体験できるお得な施設。
うどん作り体験では、麺から作ることができます。
  • 高知ならリラックスすることも
    思いきり遊ぶこともできます
10.四万十源流の里
四万十源流の里
住所:高知県高岡郡 中土佐町大野見神母野652
宿泊料金(1泊1名):平日3992円~/休日4990円~+サービス料金、追加人数分の料金は無料(上限2名で泊まると1名あたり2273円)
※料金は時期によって変わります。

日本最後の清流、四万十川の横にたたずむコテージ。川遊びやBBQ、ブルーベリー狩りの体験ができるアウトドアスポットから、カフェや銭湯などのくつろぎスポットまで集結しています。
コテージの目の前が四万十川になっているので、すぐに川へ遊びに行けます。
フランス人女将が経営する「Cafe de Manon」では、四万十川の清流で入れたラテや、本場フランスのスイーツを堪能できます。
  • 熊本で雄大な景色を楽しみながら
    非日常感を味わおう
11.nonnem ノンネム
nonnem ノンネム
住所:熊本県熊本市西区河内町白浜1407-1
宿泊料金(1泊1名):平日・休日8500円~+サービス料金、追加人数分の料金は無料(上限3名で泊まると1名あたり3252円)
※料金は時期によって変わります。

熊本中心部から車で約25分。有明海、長崎の雲仙普賢岳、みかん畑を一望できるグランピング施設です。オーナーへ事前に連絡をすれば、BBQセットや七輪セットを貸し出してもらえます。
隣接した民家はないので、800坪の敷地を独占できます。子ども連れでも安心。

12.Backpackers along the coast with amazing sunset
Backpackers along the coast with amazing sunset
住所:熊本県天草市天草町下田南3809-1
宿泊料金(1泊1名):平日・休日2500円~+サービス料金、追加人数分の料金は無料(上限10名で泊まると1名あたり1474円)
※料金は時期によって変わります。

海までは徒歩数十秒という魅力的な立地にあり、目の前には紺碧の海が広がっています。大人数ならゲストハウスも貸し切り可能。美しい夕日も見ることができて、二度おいしい施設です。
レクリエーションカヤックが用意されています。安定感抜群なので、初心者でも安心して楽しめます。

13.スミツグハウス
スミツグハウス
住所:熊本市中央区京町1-2-7
宿泊料金(1泊1名):平日・休日5000円、清掃料金5000円+サービス料金、1名参加につき5000円(上限8名で泊まると1名あたり6367円)
※料金は時期によって変わります。

水回りや家電を新設し、古き良き日本の趣きをそのままにした熊本城近くのバンガロー。生活に必要な家電はすべて揃っており、ベッドは全部で5台常設されているので、大人数での宿泊が可能です。
和風の平屋をモダンに改修し、全体的に清潔感のある空間になっています。調理器具は使い放題なので、大きなシステムキッチンを囲んでホームパーティーを楽しむのもいいですね。
以上、アウトドアを楽しめる宿泊施設13選でした。宿泊人数が多ければ多いほどお得になる施設が多いので、ぜひ仲間を大勢誘って遊びにいってみてください。その際、初めてのアウトドアでアクセスや周辺施設、準備などで不安があればオーナーに直接問い合わせ、相談しましょう。ほとんどのオーナーが丁寧に対応してくれ、イレギュラーなサービスを行ってくれるかもしれません。
360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

オススメのコンテンツ

  • [ホテル選び]
    まるで「絵本みたい」な山小屋キャンプ、簡単デビューしてみませんか?
  • [ホテル選び]
    まだ、ビジネスホテル? カンタンに高層マンションに泊まる方法がコチラ
  • [旅行用品]
    トラベルグッズの大正解! オススメしたい100均アイテム2選
  • [スーツケース]
    「コンセント探しでうろうろ」がなくなるキャリーケースがコチラです
  • [旅行用品]
    「半分になる!?」無印良品のソフトスーツケースは“使わない”時も超有能なんです
  • [旅行用品]
    携帯用ナメてた! 小さくて速乾サラサラになるなんて…
  • [旅行用品]
    ひとつ上の安心。最新「スーツケースベルト」おすすめ4選
  • [旅行用品]
    無印でもハンズでもない! アイマスクは〇〇型が絶対な理由
  • [旅行用品]
    ふわふわで、じんわり。携帯できるブランケットがここまで有能だとは…
  • [旅行用品]
    【旅上手は知っている】荷物で両手がふさがるストレス…を解決する方法
  • [旅行用品]
    「無印を首から下げる」のが貴重品モンダイの大正解でした
  • [旅行用品]
    使った人だけ得してる! 無印のアレで、旅支度が時短できる理由
  • [旅行用品]
    ラクチンすぎ! スーツケース新世代「フロントオープン」イチオシがこちら
  • [旅行用品]
    知ってた? ワインはスーツケースに入れて運べちゃうんです!
  • [旅行用品]
    【本音のルポ!】レゴランドのイイところ、ダメなところ!
  • [旅行用品]
    「無印だけじゃないんです」トラベルグッズの大正解
  • [旅行用品]
    【寝坊なぞ許されぬ…】出張先でもこれで安心して眠れます
  • [旅行用品]
    熟睡したいならビニール製じゃダメなんです【ネックピロー4品評価】
  • [旅行用品]
    【買って良かった】100均セリアの「荷造り」グッズ4選
  • [旅行用品]
    世界のコンセントに対応…だけじゃない意外なメリット【傑作旅グッズ3選】
  • [スーツケース]
    【え、1万円なんですか】ドンキのスーツケースに笑っちゃう理由
  • [旅行用品]
    これは…自宅? と勘違いしちゃう快適重視のトラベルグッズ4選
  • [旅行用品]
    無印良品のトラベルグッズが抜群! まず一通り揃えたいオススメ基本13選
  • [旅行用品]
    Amazonで人気の「吊るせるポーチ」が旅行やガジェット入れに最適な理由