むしろ1日3個食べるべき!?  意外と知らない卵のキホンPart2
2018年03月09日(金)
360.life編集部
360.life編集部/Test by LDK編集部
むしろ1日3個食べるべき!?  意外と知らない卵のキホンPart2
意外と知られていないたまごの新常識。みなさんはいくつ知っていますか? 知っていると役立つ情報や、驚きのお得情報まで、たまごの真実に迫ってみました。
製品画像をクリックすると購入ページへ移動します。
  • 今回も卵の意外な
    基本の「き」を紹介!
前回は「意外と知らない卵のキホン」として、卵に関する新常識をご紹介しました。記事はコチラ。

賞味期限が過ぎてもOK? 意外と知らない卵のキホン8選

今回その第2段! まだまだ、あまり知られていないことがいっぱいあるので、どうぞお楽しみに。
  • 【Q1】たまごの上下の正解は?
なんと、たまごは尖っている方が下なんです。その理由は鋭端の方が殻の気孔が少なく強度が強いから。

丸い方には気室があり、こちらを上にしておくことで、たまご内部に新鮮な空気が送られて鮮度を長く保つことができます。
まあるいお尻が実は上なんて、ビックリですね。
  • 【Q2】1日何個まで食べていいの?
「たまごはコレステロールが高いから1日1個まで」という話を聞いたことはありませんか? 実はこれは間違い。

たまごにはコレステロールを除去するレシチンという成分が多く含まれているため、毎日2個食べても上がらないという研究結果があります。
さらに、大人なら、アミノ酸の摂取量を考えると1日に3個程度は食べてほしい食品のようです。
  • 【Q3】高いたまごは味が違うの?
1個550円のたまご「彩美卵 輝」を生で食べたところ、黄身が濃厚なので1個でお腹が満たされるような感覚に! ただ通常のたまごより、20倍以上の価値があるかは正直微妙です。
(画像をクリックすると公式ページへ移動します)

アクアファーム秩父
彩美卵 輝(10個入り)
実勢価格:6500円
左が安いたまご、右が「彩美卵 輝」です。
  • 【Q4】生たまごとゆでたまご、どちらが長持ち?
ゆでてしまうことでサルモネラ菌とともに、たまごの殻の内側の防御壁がなくなってしまいます。防御壁がなくなるとさまざまな微生物が侵入しやすくなるんです。そのためゆでたまごの方が、日持ちしにくいといえます。
ゆでたまごの期限は、ゆでてから約3日です。
生たまごは賞味期限の日いっぱいまでOKです!
  • 【Q5】黄身が濃い方が栄養豊富って本当?
黄身の色はエサに食べたものの色が反映されています。赤みがかった黄身は、たまごかけご飯などで色合いがよくおいしそうに見えますが、栄養には関係ありません。

また、安いたまごはエサに着色料をまぜていることもあるんです。
とうもろこしなど黄色のエサを与えると……。
黄身が黄色くなります。
パプリカやとうがらしなど、赤いエサを与えると……。
赤みがかった黄身になります。
  • 【Q6】直売所で売る双子はなぜわかるの?
黄身が2つ入っているたまごのことを二黄卵といいます。たまごを産みはじめの若鶏は、排卵が安定せずに二黄卵が産まれやすいのです。
通常若鶏のたまごは小さいのですが、二黄卵はひと回りくらい大きいために判別できます。
  • 【Q7】白身が濁ってた! これって古いの?
白い濁りの正体は新鮮なたまご特有の卵白中に溶け込んでいる二酸化炭素です。新鮮なたまごには約55㎎の二酸化炭素が含まれ、時間の経過とともに殻の外に抜けていきます。
古いたまごほど白身の透明度が高く、黄身がぺちゃんこになるんです。
  • 【Q8】血がついたたまご、食べてもいいの?
まれに卵黄の表面に血の固まりが付着しています。これは血斑卵(けっぱんらん)といい、卵巣や輸卵管の毛細血管が切れて流れ出た血が卵の形成時に混ざったものです。

食べても問題はありませんが気になるなら取り除いて。
  • 【Q9】温たまの黄身が先に固まるのはなぜ?
ゆでたまごと温泉たまごでは白身と黄身が固まる順番が逆になります。

黄身は65~70℃を20分程度保つことで固まります。一方白身は58℃から固まりはじめますが、完全に固まるには80℃以上を保つ必要があります。
温泉たまごは白身がとろんとしていますが、黄身の方は固まっています。


以上、たまごの意外と知らない新常識でした。どれも今日から生かせる情報ばかりなので、ぜひ、活用してみてはいかがでしょうか。

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

オススメのコンテンツ

  • [たまご]
    200円の高級卵とスーパーの特売卵、食べ比べたら意外な結果に…
  • [たまご]
    手抜きVS本気、ここまで違うとは…! 茶碗蒸しにムシのいい話はあるか?
  • [たまご]
    マヨラー歓喜! ゆでたまごが超濃厚に化ける変身グルメがコレ
  • [たまご]
    旨さバルス級! 憧れのジブリ飯「ラピュタパン」をガチで再現してみた
  • [たまご]
    知ってた? 余った漬物が絶品タルタルソースになるんです
  • [たまご]
    マヨラーも納得!? ゆで卵に“コンデンスミルク”を合わせたら…
  • [たまご]
    ダイエット中は見ないでください。目玉焼きを揚げてみた結果…
  • [たまご]
    「4枚切り+24時間」が極上フレンチトーストの極意でした
  • [たまご]
    ベストは塩…じゃなかった! 絶品いりたまごの隠し味“最強調味料6選”
  • [たまご]
    自分史上最高にうまい「薄焼きたまご」の大正解はコレ!
  • [たまご]
    タマゴが先かニラが先か? ニラ玉の美味しいベストタイミング、教えます
  • [たまご]
    給料日前の救世主! とろ~り濃厚“たまごだけ丼”って知ってる?
  • [たまご]
    え、家で作れるの!? コンビニ定番「塩味ゆでたまご」は冷凍庫を使うんです
  • [たまご]
    知ってた? コーヒーで「燻製たまご」が作れるんです
  • [たまご]
    「ポーチドエッグって難しそう…」実は、簡単な作り方があるって知ってますか?
  • [たまご]
    知ってた? 温泉たまごは「カップ麺の容器」でも作れるんです
  • [たまご]
    コストコ通が大絶賛! 今すぐゲットしたい最強の“チョイ足し”食材2選
  • [たまご]
    【100均が無双】たまご便利グッズ、買っていいもの・ダメなもの20選
  • [たまご]
    オムライスつつめない人集合! 一番大事なのは "ボウル" でした
  • [たまご]
    【卵は先まぜ? 後まぜ?】パラパラなのにモチモチになる"大正解"はこちらです!
  • [たまご]
    一流ホテルのような「なめらか」スクランブルエッグはこう作ります!
  • [たまご]
    朗報! ついに究極のTKG(たまごかけご飯)が完成しました
  • [たまご]
    黄金比率発表! "だし巻きたまご" はコレでもう失敗しません
  • [たまご]
    え、フライパンの「端」で焼くのが正解!?【めだま焼きバリエ4選】