知ってた? 入浴剤には温泉の「ヌケガラ」になってるものもあるんです
2017年12月22日(金)
山脇 皓一朗
山脇 皓一朗/Test by MONOQLO編集部
知ってた? 入浴剤には温泉の「ヌケガラ」になってるものもあるんです
自宅で温泉気分を味わいたくて、入浴剤を購入する方は多いですよね。でも温泉研究家にお話を聞いたら、なんと温泉成分の「抜け殻」状態になっているものもあるんだそうです! 「温泉」のパッケージに騙されない、本物の温泉成分の入浴剤をご紹介します。また、入浴剤の使いこなしも解説。お風呂好きは必見です!
製品画像をクリックすると購入ページへ移動します。
  • 湯船にワンポイントで塩を投入!
    温浴効果が高まってポカポカに
    
「塩を入れると体がより温まりますよ」と、温泉研究家・郡司さんがオススメする入浴剤の活用法がこちら。冷え症に悩む方はぜひ試してみては。湯船からあがった後はシャワーでしっかり塩分を洗い流して出るのがポイントです。
お湯に直接入れて溶かしましょう。塩の量は、100gくらい思いっきり入れてOK。ちなみに、大さじ一杯の塩が約18gです。ぜひ一度試してみてください!
  • 残り湯で洗髪すると
    髪がギシギシになるので×
    
温泉の成分は肌だけでなく、頭皮にも良いかな……なんて思ったら大間違い! 試したことを後悔するぐらいのギシギシ感が待っていました。洗髪は普通のシャワーで流すのが一番です。

洗髪だけではありません。残り湯をそのまま浴槽に残しておくのも良くないそうです。

「入浴剤のお湯に入ったら、他の用途には使わずに洗い流してください。そのままにしておくと、中には風呂釜を傷めてしまうものもあるので要注意です」(温泉研究家・郡司勇さん)
  • 最も効果が出る温度は
    ぬるま湯(38~40度)でした
    
お風呂の温度の好みは十人十色。熱いお湯でもぬるま湯でも好きな温度で入ってOKですが、より温泉効果を感じたいならぬるま湯(38~40度)がオススメ。芯からポカポカになれるベストの温度なんです。
  • 複数の入浴剤を使っても
    効果が上がることはなかった
    
入浴剤を混ぜすぎると、逆に不快な香りになったり、成分が喧嘩する可能性もあるとのこと。テストの結果、保温力、水分量も今ひとつでした。浴槽が汚れてしまうというリスクもあり、結果的には「良いことなし」。あまりおすすめはできません。
いろんな入浴剤を混ぜると色はどんどん濁り、香りは強くなる一方。最終的にはパーマ液のようなニオイで茶色っぽいカオス状態になりました。
  • 温泉系入浴剤の成分は大きくわけて3種類。
    好みで選んで入浴ライフを彩るのも◎!
    
  • ①本物の温泉成分のみ
温泉屋
那須温泉 天然湯の花
実勢価格:648円
内容量:40g×3包
村上商会
別府温泉 薬用湯の花
実勢価格:1080円
内容量:10g×10袋
  • ②化学的な成分中心
バスクリン
日本の名湯 登別カルルス
実勢価格:1080円
内容量:450g
アース製薬
露天湯めぐり
実勢価格:549円
内容量: 30g×4種18包
  • ③温泉成分の抜け殻
水の素
北海道 二股ラジウム温泉 温浴剤 湯の花ボトル入り
実勢価格:3500円
内容量:800g
三木屋
南紀白浜温泉の天然湯の花
実勢価格:1525円
内容量:約40g×12袋
「温泉系入浴剤は3つにわけられます」と温泉研究家の郡司さん。①「本物の温泉成分のみ」は、本物の温泉から成分が生きた状態で取ったもの。②「化学的な成分中心」は温泉に近づけるために化学的な成分を配合したもの(中には、そこに本物の温泉成分が入っているものも)。③「温泉成分の抜け殻」は、本物の温泉から取ってはいるものの、温泉成分が抜けた後の粉などです。やはりオススメは①。生きた成分で、本物の温泉気分を楽しみたいものですね。
  • ご協力頂いたのは
温泉研究家
郡司勇さん

TVチャンピオン「全国温泉通選手権」3連覇の温泉研究家。湯の味で温泉を特定できるという特技の持ち主です。

360.lifeは、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

オススメのコンテンツ

  • [入浴剤]
    ガッカリ…。"温泉"ぽさより"バスタイムの演出"な入浴剤【21~30位】
  • [入浴剤]
    にごり湯? コスパ? 保湿? キャラ立ちおすすめ入浴剤【11~20位】
  • [入浴剤]
    1位はあの大定番…じゃない!「本物の温泉」に限りなく近い入浴剤BEST10
  • [脱毛・除毛・カミソリ]
    痛い? 爽快? ネット民がザワつくゴッソリ感を体験してみた
  • [バス・シャワー用品]
    頭皮のコリ、放置していると…【シャワーヘッド6製品比較】
  • [制汗剤・消臭・デオドラン...]
    ファブリーズが1位…じゃなかった! 消臭スプレー辛口ランキング7選
  • [バス・シャワー用品]
    【Amazonリピーター続出】“フリル付き”がボディタオルの最終結論でした
  • [制汗剤・消臭・デオドラン...]
    8×4、ワキガードがまさかの結果に……プロが認めた制汗剤BEST15
  • [バス・シャワー用品]
    【夏に活躍】節水シャワーの 「水圧弱すぎる問題」を解決!
  • [ハンドクリーム]
    ハンドクリーム33製品を徹底テスト この冬オススメの2製品、教えちゃいます!
  • [マッサージ・フットバス]
    疲れている人にこそ使ってほしい、大人のアイマスクがこちらです
  • [化粧水]
    【化粧水】SK-Ⅱ、雪肌精がまさかの結果…新定番はあのプチプラでした
  • [化粧水]
    【化粧水】ベタベタしない! 12製品で使い心地No.1は…?
  • [化粧水]
    知ってた? 化粧水だけではさらに乾燥するという真実
  • [美容液]
    【エイジングケア美容液】プロも太鼓判! 1000円以下のベスト製品は…
  • [美容液]
    プロが成分ジャッジ!「美白美容液」の低刺激NO.1は?
  • [美容液]
    つけ心地軽っ! 美白美容液の使い勝手ベストはコレでした
  • [美容液]
    【差はダントツ】シミの数で比べた「美白美容液」ランキング7選
  • [ヘアスタイリング剤]
    その白髪、5分でケアできるってご存知ですか?
  • [美容液]
    「半信半疑のあなたへ」美白美容液はもう1400円で十分でした
  • [美容液]
    「美白なのに白くならない?」皮膚科医が教える美容液3つの真実
  • [フェイスパック]
    3億枚売れた「ルルルン」を超えた!? プロ絶賛のフェイスマスク1位は…
  • [フェイスケア]
    【Amazonレビュー500超】万能電動ブラシ…ホントは万能じゃない!?
  • [ネイル・ネイルケア]
    パナソニックはまさかの2位。“輝きキープ”がピカイチな爪磨きNo.1は…