「サボっていたあなたへ」1年分の汚れを落とす最強クリーナー1位は…
2017年12月02日(土)
360.life編集部
360.life編集部/Test by MONOQLO編集部
「サボっていたあなたへ」1年分の汚れを落とす最強クリーナー1位は…
高温の蒸気でみるみる汚れを落とすスチームクリーナー。TVショッピングでの勇姿に思わず手が出そうになりますが、買った後に後悔しそうで正気に戻ります。しかし、 その真価はいかなるものか? そこで最強のスチームクリーナーを探し求めて、全10製品の検証を行いました。
製品画像をクリックすると購入ページへ移動します。
  • 高温蒸気でどんな汚れも即落とす
    スチームクリーナー10製品徹底比較
本題に入る前に、スチームクリーナーの概要をざっとご説明。スチームクリーナーとは、約100℃の高温の蒸気が汚れを浮かせてキレイにしてくれるお掃除万能アイテム。キッチンや浴室、リビングのフロアやソファまで、掃除できる対象が多いところが魅力で、TVショッピングなどでも売行き好調の商品です。

今回テストするのは、TVショッピングの雄をはじめ、新作からベストセラー機、ちょっと怪しいモデルまで、およそ2万円の範囲内で買える全10製品。

近距離と中距離を同時に処理できるものが多い中、手元作業だけにとどまらないスティック型掃除機のような汎用性の高いモデルも揃えました。
量販店やホームセンター、TVショッピング等で見かける品々が勢揃い!

まずは各製品の基本性能を調査した上で、汚れ落ちテストを敢行。さて、買っても後悔しない実力を備えたスチームクリーナーは、いったいどの製品だったのでしょうか?
  • U2万円ケルヒャー SC 2は文句なし
    性能・機能すべてが高水準の一級品
テストの結果、10製品中ナンバーワンの汎用性の高さを実証したのが、ケルヒャー スチームクリーナー SC 2。

壁・小物、そして床材やファブリックに対する洗浄効果など、あらゆる局面で好成績を収めました。ホースが長く、思ったよりも小回りが利いて、家中どこでもピカピカ。大掃除でも日常掃除でも楽しくラクに掃除できて、文句なしの一級品です。
ケルヒャー
スチームクリーナー SC 2
実勢価格:1万8270円
本体サイズ:254×380×260㎜
本体重量:2.9kg
消費電力:1500W
使用水量:1000ml
電源コード:約4m

異彩を放つ黄色のボディが特徴的で、中・遠距離を同時に処理できるキャニスター掃除機型のボイラー式スチームクリーナー。トリガーの位置、ホースの素材、ブラシとパッドの耐久性と、使用感を決める3要素においてもSC 2は優秀でした。
トリガーは噴出口と一体化していて片手持ちができ、
右手で本機、左手で洗剤を持つ二刀流で作業がはかどります。
噴出圧の強弱もトリガーに付いたスイッチで切り替えられます。
2mもあって便利なホース一体型ヘッド。
ホースはとてもやわらかいので、長くても邪魔になりません。
タンクに給水する際も水がこぼれにくい構造。
広範囲を一気に磨ける分厚いパッドや、
汚れ落ちがよく耐久性もあるブラシは段違いの使いやすさ。
その他、使用用途に合わせたアタッチメントは別途購入可能です。

難点はボイラー型ゆえチャージに時間がかかること。しかし、1リットルものタンク容量が担保する実働時間は30分弱と他製品よりずば抜けているため、大掃除には必ず役立つに違いありません。

ちなみに、ボイラー式は内部がカラになった後、しばらく安全装置が作動して給水タンクが開かなくなりますが、蒸気を最後まで出し切って内部圧力を下げることで時間を短縮できます。あとは、収納場所さえ確保できれば、買ってよしの逸品でしょう。

そこで、購入の判断材料にしたいのがSC 2の基本性能。スチームクリーナーにおける必須要素は、噴出される蒸気の温度、噴出圧、そして水量。この3つは専門の検証機関に依頼し、調査していただきました
その数値からわかるSC 2のパワーと、買っても後悔しない3つの理由をご紹介します。
  • [ベストの理由①]分厚い蒸気で
    高温キープ力がナンバーワン!
エフシージー総合研究所にて、重量計+熱電対で噴出の圧と水量、温度の平均値を計測し、各製品のスペックを算出しました。
噴出圧は実使用時を想定し、噴出口ゼロ距離と5cm離れた距離で測定。
各製品のエンジンとも言うべき部分の性能を数値化します。

まずは、スチームクリーナーのメイン要素ともいえる油汚れやカビを落とす温度について。
噴出口から5cm離れた距離での温度は、10製品中1位。大型かつボイラー式という仕様の安定性がうかがえます。
高温蒸気の安定性もナンバーワン! 噴出口付近の蒸気温度は急上昇し、1分間100℃をキープし続けました。 2mのホースを通過してこの測定値という点に、性能の高さが見られます。

続いては、パワフルさの指標ともいえる噴射圧と汚れを物理的に落とす水量について。
噴出圧と水量の数値はやや控えめですが、
実際には分厚い蒸気が遠くまで届いています。

3項目の数値測定はSC 2のみならず全製品行いましたが、これらの数値は製品により一長一短。しかし、着目すべきは蒸気の温度。驚くことに、たった5cm間でも急激に温度が低下することが判明しました。

温度差が最小の製品で19.3℃、全製品の平均は、なんと33℃。つまり、TVショッピングなどで謳われる「100℃以上の高温で……」という文句は、実際に使用する際にはまったくアテにならないことが発覚したのでした。

次は、汚れ落ちテストの結果をみてみましょう。
  • [ベストの理由②]水量と温度の
    バランスが良く秀逸な操作感
汚れ落ちテストは、近所の銭湯にお邪魔した壁・小物編と絨毯やフローリング・畳の床編の2つを実施。まずは壁・小物編からどうぞ。
風呂場のタイルの水垢と、手強い目地のカビ。
片手でトリガーを操作しつつ洗浄できるのは、想像以上に便利!
目地のカビはやや手こずりましたが、タイル汚れは気持ちいいほど一瞬で落ちました。

油汚れはごま油を焦がしてつくり、洗剤を用いてテスト。キツめのものが対象でしたが、じわじわと油が剥げ、5分間で大部分が落ちました。洗剤投入と洗浄が同時にできるのではかどりました。
[BEFORE]ケルヒャー SC 2
[AFTER]ケルヒャー SC 2
ちなみに、いちばん汚れ落ちが悪かったのがコンフォディのスチームクリーナー。
[参考比較]コンフォディ
水回りや焦げには強かったですが、油汚れは落とせず。水量が多く、洗剤が薄くなるのが原因のようです。

続いては焦げ。しょうゆと砂糖を混ぜた液体を焦がしてやっかいな焦げを再現。
焦げた鍋の掃除はとても面倒ですが、
SC 2なら片手が空くので、対象を押さえやすくて掃除しやすかったです。
パッド全体はムラなく高温になりましたが、結果はあまり他機と変わりませんでした。

SC 2はどれを掃除しても蒸気の噴出の勢いが落ちず安定していて、コレといった弱みはなく、アタッチメントのブラシにヘタリが少ないこともわかり、操作感がとにかく秀逸でした。

総評としては、やはり温度が安定している製品は効果が高かったといえます。水量が多すぎると洗剤との相性が悪いという傾向があったものの、いずれもトリガーやハンドルの持ちやすさが結果を左右したことは事実。10製品をテストしてみて、いくら高性能でも扱いにくければパワーを発揮できないということがわかり、その点においてSC 2は楽しさを感じるほど操作感に優れていました。

ちなみに、水まわり、焦げた鍋、油汚れはスチームだけではなかなか汚れは落ちません。やむなく全製品にブラシを装着して臨んだところ、今度は油汚れが落ちない……。 結局マジックリン ハンディスプレーを併用しましたが、このテストでもTVショッピングのような劇的な効果は見られませんでした。こちらもご留意ください。
  • [ベストの理由③]絨毯も畳も
    フローリングも傷めず、キレイになった
汚れ落ちテスト第二弾は、絨毯やフローリング、畳といった広範囲の床材に対する効果を検証。日常で床にこぼしがちなしょうゆ、ドレッシング、ピザなどを用いてテストを行い、パッド全体の熱状況をサーモセンサーにて撮影しました。

それでは気になるSC 2の実力を、一気にお見せします!
[絨毯BEFORE]ケルヒャー SC 2
[絨毯AFTER]ケルヒャー SC 2
SC 2は掃除機的見た目にそぐわぬ使用感の良さと能力を発揮し、結果は上々。絨毯のピザとカレーうどんは健闘レベル。

一方、あまり結果がよくなかったのが、アイリスオーヤマ「STP-102」です。使用感は良く、しみ込んでいない汚れに対しては効果を発揮したものの、浸透したものに対しては効果が弱くて根深い汚れには対処しきれませんでした。
[参考比較]アイリスオーヤマ STP-102
続いて、フローリングと畳での検証結果も見ていきましょう。
[フローリングBEFORE]ケルヒャー SC 2
[フローリングAFTER]ケルヒャー SC 2
[畳BEFORE]ケルヒャー SC 2
[畳AFTER]ケルヒャー SC 2
フローリングは目地に小麦粉が残されたのは惜しいところでしたが、畳のダメージは最小で、ラクチンさもキレイさも申し分なしです。

パッド全面の熱状況の比較でも違いは一目瞭然。
ケルヒャー SC 2
アイリスオーヤマ STP-102
SC 2はパッド全体がムラなく高音に熱せられ、最高温度は96.4℃と除菌効果にも期待が持てました。しかし、アイリスオーヤマ「STP-102」は最高温度87.7℃と温度が低い傾向でした。
  • ケルヒャーは抜群の性能!
    掃除機型で使い勝手も文句なし
全10製品のテストを終えて判明したのは、ハンディ型にホース+パッドをつけた中距離仕様のクリーナーでは広範囲の清掃は難しいということ。というのも、床を磨くために屈むと、かなり無理な体勢になり、これを長時間続けるのは正直骨が折れます。リビングやキッチンのフロア全面を清掃したいなら、ケルヒャー SC 1やSC 2のように、掃除機型に変形できるものがよいかと思われます。

また、サーモセンサーで撮影したパッド全面の熱状況は、パッド全体に熱が行き渡っているものと、偏りが大きいものがありました。しかし、いずれも耐熱性では最強の部類に属するノロウイルスが死滅する65℃以上をキープ(※)しており、これからの季節のインフルエンザ対策としても有効であることは間違いないでしょう。

※基本性能の温度テストとは最高温度が異なりますが、これはパッドに熱が溜まり、温度が上昇したことが原因です。

スチームクリーナーの真価と買って後悔しない製品の選定をテーマにした今回の検証。10製品の中でも能力の高さと抜群の使用感で掃除を楽しめるのは、ケルヒャー SC 2と断言できます。ラクに楽しく掃除できるスチームクリーナー、おひとついかがですか!

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

オススメのコンテンツ

  • [掃除道具]
    「オセロみたい」鍋の焦げが劇的にキレイになる方法
  • [掃除道具]
    知ってた? テレビのホコリ掃除は払うだけだと逆効果かも
  • [掃除道具]
    玄関掃除の「メンドクサイ」解決!スマートすぎるグッズの正体とは?
  • [掃除道具]
    キレイにしてた"つもり"だった。あの子の毛が、こんなにゴッソリとれます
  • [掃除道具]
    知ってる? たった1本の洗剤で家中をピッカピカにできるんです
  • [掃除道具]
    もうイライラしない! 最強のカーペットクリーナーはココが違うんです
  • [掃除道具]
    LDKがテスト! 年末大そうじがラクになる洗剤&グッズ“神7”はコレ!
  • [掃除道具]
    ダイソー、キャンドゥ、セリアで見つけた!100均お掃除の名作グッズ
  • [掃除道具]
    台風一過の玄関先を救う、おすすめ掃除道具【厳選3アイテム】
  • [掃除道具]
    メガネ屋の前にあるアレ、実はけっこう安く買えるんです【超音波洗浄機3台比較】
  • [掃除道具]
    無印良品アイテムを新品みたいにする「魔法のクリーム」をご存知ですか?
  • [掃除道具]
    「まだ落ちない…」それ、根こそぎ解決できますよ
  • [掃除道具]
    【100均】お掃除・お洗濯グッズ 本当に買って良かったランキング30選
  • [掃除道具]
    【ダイソーに負けない】キャンドゥで買って良かったお掃除グッズ9選
  • [掃除道具]
    100均さんありがとう…引っ越し前に買っておいて良かったモノ7選
  • [掃除道具]
    【ぜんぶ検証済】タオル、玄関、排水口…ニオイを消すスゴ技ベスト10選
  • [掃除道具]
    【ケルヒャーの盲点】力の込めやすさが最適化されたスチームクリーナーの実力とは
  • [掃除道具]
    【最強紙ナプキン】業務用紙製品が、なぜAmazonで大絶賛されるのか
  • [掃除道具]
    【壁のシール】憎たらしい汚れを片手で落とすテクニック【床のガム】
  • [掃除道具]
    【初めての1台】高圧洗浄機13製品を 比較して見つけた万能すぎる逸品
  • [掃除道具]
    ビール缶潰しの正解は 「真上から踏む」でした
  • [掃除道具]
    老舗がつくる亀の子たわしは 100均たわしとは完全に別モノ!
  • [トイレ・バス・洗面台掃除]
    ウチのお風呂からカビが消えたのは、Amazonで買ったコレのおかげ
  • [トイレ・バス・洗面台掃除]
    「うぇ~、排水口掃除したくない…」→シャワーをジェットにして解決