ふぐ? かに? ホタテ? 本格化する自宅鍋のレベルがヤバい
2017年11月28日(火)
360.life編集部
360.life編集部/Test by MONOQLO編集部
ふぐ? かに? ホタテ? 本格化する自宅鍋のレベルがヤバい
ふぐやカニ、クエなどの高級食材が多い魚介鍋。お店に行くとなると高級料亭などを思い浮かべ、一気に敷居が高くなってしまいますね。しかし、通販なら採れたての魚介を鍋のセットにして、格安で配送してくれるサービスがたくさんあるのです。今回は数ある中から6種類選び、食のプロたちが食べ比べました!
製品画像をクリックすると購入ページへ移動します。
  • レベルが高い絶品揃い!
    天然モノも朝採れも
冬は魚介が美味しくなり、鍋で食べたら最高! ですよね。しかし、天然モノやその土地ならではの美味しい魚介はなかなか口にする機会もないもの。

そんなときに利用したいのが、お取り寄せです。通販では産地直送の美味しい魚介を、驚きの価格で鍋セットにして販売しているのをご存知でしたか?

冬にこそ利用したい、お取り寄せの魚介鍋セットを全国から6品ピックアップし、食のプロたちに評価していただきました!

ご協力いただいたのは、科学する料理研究家・さわけんさん、料理研究家・北山みどりさん、Nabe Laboメンバー料理研究家・安井レイコさん、Nabe Laboメンバー・まさきさとこさんです。

評価の基準は、味、ボリューム、調理の手間、コスパ、ご当地色の5項目をそれぞれ20点満点で評価しました。

[評価の項目]
味
ボリューム
調理の手間
コスパ
ご当地色

それでは、あったか美味しい魚介鍋ランキングをご覧ください。
  • [1位]上品で
    さっぱりふぐ鍋
(画像をクリックすると購入ページへ移動します)

きらく
天然ふぐ鍋セット 2~3人前/超冷
実勢価格:4480円(送料込)

[評価はこちら]
味:19点
ボリューム:18点
調理の手間:13.5点
コスパ:18点
ご当地色:19点
合計/100点中87.5点

身がしっかりと味わえるふぐの上身、ふぐのあら、ふぐ皮つみれ、ふぐの身皮を使った湯引きまで入り、お値段は4500円ととってもお得なセット。

職人の手によって捌かれた日本海の天然ふぐを、-80℃で急速冷凍して真空パックで届けてくれるため、鮮度もバッチリです。
ふぐの上身とふぐのあらがそれぞれ200g、計400g入り、そこにふぐの旨みが凝縮されたつくね、湯引きと太っ腹な内容。身は厚みがあり食べごたえ十分。

鮮度も保たれているためすっきりした味わいが楽しめ、付属のツミレも湯引きもしっかり美味しく、メインのふぐ以外にも手を抜いていないのが好印象です。ふぐの様々な部位が一度に楽しめるのもうれしいですね。

「とてもいいスープが出ており、身は柔らかくすっきり食べられます」(料理研究家 北山みどりさん)。「身がたくさんついていて、ふぐの味もしっかりあって美味しい」(Nabe Laboメンバー まさきさとこさん)と高評価でした。

本製品は、隅々までふぐを堪能できるうえに5000円という破格の価格設定。「ふぐを食べたい」という願望を気軽に叶えてくれる、お取り寄せ鍋といえますね。
  • [2位]幻の高級魚を堪能!
    クエ鍋
(画像をクリックすると購入ページへ移動します)

よか魚ドットコム
本物!鍋の王様
天然クエ鍋セット!
実勢価格:1万1340円(送料込)

[評価はこちら]
味:19点
ボリューム:19点
調理の手間:18点
コスパ:12点
ご当地色:17.5点
合計/100点中85.5点

クエといえば他の魚と一線を画す幻の高級魚!キロあたり3万円前後もするそのクエの天然モノを、家庭の食卓で楽しめる超贅沢なセットです。

張りのある身の引き締まったクエの白身は、他の魚では味わえない、クエならではの食感。身がしっかりついていてプルプル食感も楽しいと、ぷりっぷりの絶品クエに、識者も大喜びでした。
クエの身が300g、身付きのアラが250g、さらにこだわりのポン酢まで入っています。他の食材は同梱されていませんが、野菜を足してクエのだしが染みた野菜やシメの雑炊を味わえるのも楽しみの一つです。

「さすが長崎産の天然クエ。美味しさは疑う余地なしです!」(安井さん)、「希少な魚だけあってなかなかの価格ですが、食べごたえはあります」(さわけんさん)と、舌が肥えた識者も唸る、納得の味。

漁師から直接仕入れた天然のクエが惜しげもなく入った内容ということもあり、少々値が張ってしまいますが、「クエなら1万円超えも頷けます」とのコメントも多かった鍋です。特別な日や大事な人への贈り物としても良いですね。
  • [3位]食べごたえあり!
    北海道魚介鍋
(画像をクリックすると購入ページへ移動します)

SAIHOKU稚内
北海道海鮮鍋セット
実勢価格:5184円(送料込)
生鮮卸売の老舗が厳選した、海の幸4種海鮮が味わい尽くせる鍋セットです。ズワイガニ、甘エビ、ホタテ貝、ミズダコがたっぷり詰め込まれた海鮮鍋セットは、具材を広げるだけで一気に華やかな鍋に。
「ミズダコは煮すぎないようにするのがコツです」とさわけんさんが言うように、魚介は煮すぎると固くなってしまうので、まずは野菜を煮込んでから魚介を入れると、より美味しく食べられます。

魚介だしが溶けこんだスープも楽しめる一品で、北海道らしい具材が盛りだくさんで、食べごたえも十分です。アルミ鍋つきなのですぐに料理ができるのも魅力。
  • [4位]淡路島産
    3年もの朝どれふぐ鍋
若男水産
梅コース ふぐ鍋セット
実勢価格:5940円(送料別)

[評価はこちら]
味:13点
ボリューム:11.5点
調理の手間:13.5点
コスパ:10点
ご当地色:13.5点
合計/100点中61.5点

鳴門海峡の近くで3年かけて育てたとらふぐを朝捌いて生のまま配送してくれる、なんとも贅沢な鍋です。スープの味は識者も高く評価するほどの味。
ポン酢やもみじおろしのほか、湯引き皮やヒレ酒用ひれなども付いてくる、ふぐを味わい尽くせるセットです。
  • [5位]こちらは
    瀬戸内の天然ふぐ鍋
瀬戸内漁師の海鮮問屋
瀬戸内産 天然コモンふぐ鍋用
実勢価格:3240円(送料込)

[評価はこちら]
味:10点
ボリューム:10.5点
調理の手間:14点
コスパ:10.5点
ご当地色:12.5点
合計/100点中57.5点

瀬戸内海産の天然もので、ふぐのだしがしっかり出ています。
身は小さめで、唐揚げにも向いていそうです。すだちのポン酢がついていますが、瀬戸内産のレモンで食べても美味しそう。
  • [6位]伊豆のブランド金目を
    しゃぶしゃぶで!
ヤマヨー
金目鯛しゃぶしゃぶセット「日戻り金目鯛」
実勢価格:4968円(送料別)

[評価はこちら]
味:9.5点
ボリューム:6点
調理の手間:14.5点
コスパ:10.5点
ご当地色:12.5点
合計/100点中53点

伊豆下田須崎で捕れたブランド金目鯛「日戻り金目鯛」の冷凍ものの鍋です。冷凍とはいえ脂がたっぷりと乗っていて、希少なため一般には出回らない幻の高級魚といわれる魚を自宅で味わえる、贅沢な鍋です。
金目鯛は解凍したらすぐに食べるのがミソ。付属のダシでしゃぶしゃぶしていただきます。


[ご協力いただいた食のプロたちはこちら!]
左から、科学する料理研究家・さわけんさん、料理研究家・北山みどりさん、Nabe Laboメンバー料理研究家・安井レイコさん、Nabe Laboメンバー・まさきさとこさん。


朝どれや天然モノ、希少な高級魚などが味わえる、お取り寄せ鍋。場合によってはキャンペーンで安くなっていたりするので、高価な魚介鍋は通販で買うのがおすすめですよ!

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

オススメのコンテンツ

  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    平日が楽チンに! あっという間にできたての下味冷凍レシピ[タラの時短2品]
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    賞味期限切れの前に…エビの使い切り冷凍レシピがこちら
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    パックのままじゃダメ? 鮭は“アレ”するだけで美味しくなるんです
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    ふっくら、パリパリ! “国産うなぎ”を買うならAmazonが近道です
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    658円で感じるイカのうま味。「北海道の海の幸」お取り寄せオススメ3選
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    【裏技レシピ】スーパーのうなぎが簡単美味しい! その秘密は“洗い流す”にあり
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    まぐろの刺身は“サク一択”な理由【スーパーでハズレを引かない目利きワザ】
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    “キハダ”“ビンチョウ”“メバチ”。高級まぐろはどれか、わかりますか?
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    知ってた? まぐろのお刺身はパッケージで“目利き”できるんです
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    【素通りNG】コストコの鮮魚コーナーはアレンジ食材の宝庫なんです
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    大容量でアレンジ自在!魚介類はコストコの隠れた逸品なんです
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    知らなきゃ損! スーパーの“お魚選び”の大正解
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    からしに明太マヨ!? クセになるカニカマ6製品ランキング【変わり種編】
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    1位はもはや本物!? カニカマ11製品ランキング【カニ感追求タイプ編】
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    1位は西友・セブン超え! カニカマ32製品採点【ノーマル編】
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    本家を超える激旨モノ発掘! Amazonイクラ頂上決戦はコスパが決め手に
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    【特別企画】おせち料理が“2018年の開運”を呼ぶ理由
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    「脂質17%と0.2%」タラは2種類あるのを知っていますか?
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    「余っちゃった…」2日目のお刺身が美味しく食べられる裏ワザ
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    知ってた? 同じ魚でも刺身と調理で食べごろが違います
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    「青魚と白身魚」決定的に味が変わる焼く前のあることとは?
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    魚さばける? 無理ならスーパーに頼めばいいじゃない
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    「待った!」明日の夕飯のサンマ、そのまま冷蔵庫に入れていませんか?
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    「鮭とサーモン」どっちが刺し身NGか知っていますか?