1位はまさかのバケツ!? 防災セットベストランキング【1位~3位】
2017年12月03日(日)
360.life編集部
360.life編集部/Test by MONOQLO編集部
1位はまさかのバケツ!? 防災セットベストランキング【1位~3位】
防災グッズをまとめたセットは、ネット通販やホームセンターなどで何種類も販売されています。でも、緊急時に必要なものが本当に全て揃っているのでしょうか? そこで、それぞれ中身が違う防災セット15品を集めて、識者と共にNo.1防災セットを決定しました!
商品写真をクリックすると購入ページに移動します。

防災グッズまとめセットベストランキング4位以降はこちらから
・4位~7位はこちら
・8位~15位はこちら
・防災セットと一緒に揃えたいオススメはこちら
  • 必要なものは状況によって異なる!
    防災セットの選び方をマスター
災害が起きて水道や電気などのライフラインがストップしてしまった際、避難所などで過ごす時に役立つのが防災グッズです。そのグッズがいくつかまとめてバッグに収納された防災セットは、ネット通販やホームセンターなどでも多く販売されています。

「販売ランキング1位」「防災士がセレクトした」など消費者の興味を引く謳い文句が目につきますが、本当に役立つのか迷ってしまいます。

セットの充実度は、災害時に役に立つ防災グッズが多いかどうかを判断する重要な項目です。とはいえ、逃げることが最優先とされる一次避難では、多くの物を持っていけません。また、防災グッズがたくさんあっても、役に立たない物ばかりでは意味がありません。

避難所や外でも役立つものはあった方がいいのですが、あれもこれもと欲張って入れすぎると持ち運びにくくなります。一次避難用としては、数が少なくても老若男女の役に立つ物が入っている方が望ましいのです。防災セットを選ぶ際は、家族構成や地域なども考慮して内容を吟味することが大事です。


  • 家族構成で選ぶ
防災セットを選ぶ際は、家族構成を考慮するのが基本です。高齢者がいる場合は避難に時間がかかるため、逃げ道を確保しておくことが重要です。倒壊した家に閉じ込められた時のためにホイッスルなどが必要となります。

体力が落ちていると、避難所で感染症のリスクがあります。妊婦、乳幼児がいる場合は、マスクや防寒シートのほか、粉ミルクなどの乳児用品を多めに用意しておきましょう。

また、子どもは大量の汗をかくので、風邪を引かないよう注意が必要です。子どもがいる場合は、ウェットティッシュや体拭きで清潔にしてあげましょう。

夫婦だけや一人暮らしの場合は、避難所で生活するより公園でキャンプしたほうがプライバシーを守れて楽なこともあります。カセットコンロなども役立ちます。


  • 住んでいる地域で選ぶ
また、住んでいる地域によっても、必要なグッズは変わってきます。

山や川が近くにある場合、大雨が降って河川の洪水や土砂崩れが起きることも考えられます。レインコートが必要でしょう。

海辺では津波から逃げ切ることを第一に考え、動きやすいチェスト付きのリュックを用意しておいた方がいいでしょう。

都会では避難所が混雑して、道も渋滞します。トイレは長蛇の列になるので、携帯トイレは必須です。


  • 
             
  • 一次避難用と備蓄用を分ける
一次避難用のグッズと備蓄用のグッズを分けておくことも重要です。

一次避難用は動きやすいリュックに、重すぎない量の防災グッズを詰めておきます。ペットボトルは500mlのものを1本くらいにしておくといいでしょう。事前に実際に運んでみてチェックしてみるのもオススメです。

最初に避難するときには、2Lペットボトルの水やテントなど、重いものは持っていかないようにしたいところです。一時帰宅したときに今後必要になるものを備蓄用として少しずつ運び出していきましょう。


  • 購入したら必ず中身を確認
なお、防災セットを購入しても、そのまま押入れなどにしまい込む人が多いのが現状です。必ず中を確認して、自分に必要な物を追加したり、入れ替えるようにしましょう。
まずは普段使う物を追加で入れておきます。普段飲んでいる常備薬があるなら、小型のビンやピルケースで保管します。虫刺され薬や子どもの遊び道具なども必要です。
保存食や水は賞味期限を確認しておきます。防災セットの中には、保存水や缶詰の賞味期限が数ヵ月後に切れてしまう物もあり得ます。その場合は、新しい物に交換しておく必要があります。
  • 実際に購入して各用品を試したうえで
    本当に必要な防災セットを選出!
今回は、防災セットの中からできるだけ個性的な15製品をセレクトして実際に購入しています。これらの防災セットを3名の識者にお願いし、いろいろな観点からチェックしてもらいました。
ご協力頂いたのは、防災士として災害や危機管理問題に積極的に取り組んでいる災害危機管理アドバイザーの和田隆昌さん(写真左)。

石巻にて東日本大震災後の暮らしを伝えるコミュニティを運営している作業療法士の中山奈保子さん(写真右)。

せんだ社会保険労務士事務所代表で企業に危機管理問題なども指導している社労士の専田晋一さん(写真中央)の3名の方です。
長年防災に関わってきた識者3名に価格も装備内容も多彩な15製品をチェックして頂き、災害時に必要な物が揃っているか、足りない物は何か、などを判定してもらいました。

今回のランキングでは、「セットの充実度」「持ち運びやすさ」「避難所での役立ち度」「外での役立ち度」「長期間の役立ち度」の5項目でそれぞれ10点満点で点数をつけ、その合計点で順位を決めています。

それでは、早速上位3製品を紹介しましょう。
  • 【1位】アイリスオーヤマ
    バケツが便利な「HBS-14」
様々な防災グッズが入っており、何を選んだらいいのか分からない人が手っ取り早く準備できる防災セット15製品を識者にチェックしてもらったところ、最も優秀な成績となったのはアイリスオーヤマの「避難バケツセット HBS-14」でした。

識者がまず注目したのはバケツです。防災士の和田さんは「熊本地震の時は、みんなトイレを作りたくてバケツを探し回っていました。

また、避難所では小物をバケツなどに入れておくと、誰かに持っていかれることが少なくなります。半透明なので中に何が入っているのか外からすぐに分かるのもいい」と高評価でした。

東日本大震災を経験した作業療法士の中山さんは「このようなバケツタイプは使いやすいことがわかりました。水くみ、小物の洗濯、イス、子ども用のテーブルなど、いろいろと用途が広そうです」と話していました。

会社に人事・労務管理の指導を行う社労士の専田さんも「バケツって、考えてみると会社にはあまりないんですよ。会社の部署ごとに1つあると便利ですね」と評価していました。
アイリスオーヤマ
避難バケツセット HBS-14
実勢価格:9970円
サイズ:幅34×奥行き31.5×高さ27.5cm
重量:2.98kg

装備点数:14点
電装品:ラジオ/ライト
保温用品:アルミシート/カイロ
水・食料:水タンク(10L)
衛生品:体拭きなど
アウトドア:すべり止め軍手

装備の中身についても、スマホが充電できてサイレンも鳴る手回し充電ラジオライト、敷物のほか傘や目隠し代わりにもなるブルーシート、汗で汚れた体を拭ける大判の体拭きなど、不要な物はほとんどありません。
手提げタイプですが、軽めなので苦になりません。家に置いておけばイスや踏み台として、クルマの荷室に置いておけばオートキャンプや洗車用として普段使いできます。震災の時に持ち運び忘れることが少なく、中身も使い慣れているのですぐに活躍できるでしょう。
装備が一通り入れられているバケツの容量は10Lですが、非常用給水バッグと合わせれば一度に20Lもの水を運ぶことができます。

イス、水くみ、トイレ、踏み台、収納など用途は多彩で、取っ手にはホース止めの溝が付いているので洗車のときにも使えます。サイドは半透明なので中身も分かりやすく、耐荷重は約100kgです。給水に行った時に疲れても、上に座って休めます。
「やわらかからだふき」は厚手で柔らかく、優しい肌触りの体拭きシートが30枚入っています。しっとり濡れたシートを四つ折りにして体を拭くと、とても気持ちいいです。

30×35cmと超大判なので、1枚で上半身の汗や汚れを万遍なく落とせます。節約すれば1ヵ月くらいは使えそうです。
手回し充電ラジオライトは、AM/FMラジオ、LEDライト、緊急用サイレン、携帯やスマホの充電機能付きです。ハンドルを3分間回すと、LEDライトは約30分、ラジオは約7分、スマホは約3分使えます。

手回しのほか、付属のUSBコードを使えばPCやAC電源からの充電もできます。イヤホンも付いているので、周囲に迷惑をかけずラジオを聞けるのは便利です。
ブルーシートは屋根や窓の修理、避難所内や車内用の目隠し、敷物などいろいろな使い方ができます。ほかの防災セットに付いているようなレジャーシートより丈夫で、思い切り引っ張っても伸びることがありません。
洗車用としておなじみの多機能バケツの中に防災グッズを封入した、この基本セットが1万円以下で手に入れられるのも魅力です。最低限の装備はこれでOKです。別途必要な物をリュックで用意しておけば、サブとしても大活躍するでしょう。

ホイッスル、医療品、布テープ、油性マジックペンなど用意したほうがいい防災グッズや、常備薬などいつも使っているものを足して、自分に合った防災セットを作れば完璧です。
冒険倶楽部
携帯ストラップ付 山菜採り危険防止ホイッスル HS-4
実勢価格:432円
  • 【2位】ピースアップ 防災セット
    ヘルメット付きは子育て世代に最適
第2位に選ばれたのは、背負いやすいリュックが特徴のピースアップの防災セットです。緊急時の移動時に、スムーズに動くことができるリュックの完成度の高さに高評価が集まりました。

また、小さな子どもに必須の防災グッズといえるヘルメットが付いているのもポイントです。小さな子どもは周囲への注意が散漫なので、避難生活ではぜひ被らせておきたいところです。

中に緩衝材がないので防御力は低いのですが、タオル1枚で補強できるし、気になるならよりよいヘルメットと交換しておくといいでしょう。
ピースアップ
ヘルメット・リュック防災セット
実勢価格:1万5800円
サイズ:幅30×奥行き20×高さ55cm
重量:4.7kg

装備点数:21点
電装品:ラジオ/ライト
保温用品:アルミシート/カイロ
水・食料:保存水/クッキーなど
衛生品:ウェットティッシュなど
アウトドア:防災たれ付きヘルメットなど
しっかりした作りのリュックが高評価を得て、第2位となりました。他製品と比べて価格は高いのですが、そもそもヘルメットの入るバッグは単品でも値が張るので致し方ないところです。
リュックは肩ひもにクッションが入っており、胸元で止めるストラップも付いているので体にフィットします。走っても暴れず移動時の疲れを軽減してくれます。
災害時はあらゆる物が上から落ちてくる可能性があります。頭を守るヘルメットが入っているのはありがたいです。ただし、中に緩衝材はないので、タオルなどを入れると防御性がよりアップします。
手回し充電機能やFMラジオ、サイレンなど様々な機能が一緒になったライトは使い勝手がいいです。特に重要な情報収集ツールであるスマホを充電できるのは有り難いところです。
救急セットと流せるティッシュ、オキシドールが付いています。消毒用のウェットティッシュがあればなおよかったのですが……。
非常食は7年保存のクッキーと5年ようかんです。クッキーは甘みや水分が少なく、味はイマイチです。カロリーメイトなどと入れ替えたほうがいいでしょう。
高価格だけある品揃えで、緊急時に必要なその他のアイテムもひと通り揃っています。老若男女を選ばない優秀なスターターキットといえるでしょう。

子どもがいる家庭ならヘルメットは必須なので、子どもの安全面を最優先にしたい人にオススメです。ただし、やや重たいので中身は事前に減らしておくといいでしょう。
  • 【3位】山善「防災バッグ30」
    装備もバッグも無難ですが高コスパ!
第3位となったのは、4千円を切る低価格ながら30点ものアイテムが入っており、初購入者にピッタリなのが山善の「防災バッグ30」です。

特にガムテープやラップなど、避難現場を知らないと用意できない必需品が装備されているのは心強いところ。手袋がゴム製であるなど、細かい所にも配慮があり、万人向けに役立つ防災セットといえます。
山善
防災バッグ30
実勢価格:3980円
サイズ:幅32×奥行き43×高さ16cm
重量:2kg

装備点数:30点
電装品:ライト
保温用品:アルミブランケット
水・食料:給水バッグ(5L)
衛生品:タオルなど
アウトドア:ラバー手袋など
低価格ながら必要最低限のアイテムが揃っており、初めて防災用品を購入する人にはオススメです。ただ、リュックはチェスト
無しなので、走ると大きく動いてしまいます。
安否情報を書いて壁に貼ったり、ガーゼを巻いて圧迫止血に使ったりと、万能に使えるのがガムテープです。文字が書けるように一緒にマジックペンも用意しておくといいでしょう。
壊れた家の中で探し物をするときなど、重宝するのがゴム手袋です。布製だと濡れたり、破れてケガをしたりしますが、こちらは手が濡れにくいうえに丈夫なので安心できます。
軽くて丈夫なPEロープですが、表面がツルツルなので引っぱると滑るし結び目もズレます。洗濯物干しには使えるが、運搬や固定作業には不向きです。普通の太くて滑りにくいロープのほうが使えます。
折れた腕を吊るすなど、応急手当でも活躍するのがサランラップです。また、寒い時にはアルミホイルを巻けば保温効果も期待できます。
コスパ最高で第3位となりましたが、ライトは入っているけれど電池は入っていないなど、改善すべき所や必要のない物もあります。これらは購入後に買い足しておく必要はあります。

装備されているガムテープやラップは実は避難生活で大活躍するアイテムで、これが入っていることからも現場に則したセットだということがわかります。
また、食器が多めなのもポイントが高いです。避難所では紙皿などが支給されますが、状況によってはもらえないこともあります。食器類が多く入っていれば、いざというとき非常に助かります。
  • 今回のランキング作成にあたり
    採点した5項目のチェック項目
今回のランキングでは3名の識者に5項目で採点していただき、その合計点で順位を付けています。なお、各項目の採点基準や特に注目したポイントは以下となります。


  • 01 セットの充実度
手回し充電ラジオライトなど、どんな家族構成でも、どんな場所に住んでいても役に立つ防災グッズが入っているほど高評価となります。

  • 02 持ち運びやすさ
リュックなら胸の前にチェストが付いていると、動きやすいので走りやすくなり高評価です。女性や子どもが使うなら、重量は軽いほうが最適です。なお、リュックを背負い慣れていない人は、手提げやキャリーバッグの方がいいでしょう。

  • 03 避難所での役立ち度
避難所は不特定多数の人がたくさん集まるので、マスクなどで感染症の対策が重要です。トイレが混雑するので、携帯トイレも入っていると助かります。

  • 04 外での役立ち度
風や寒さを防ぐため、保温用のアルミシートは欲しいところです。軍手は滑り止め付きだと作業がしやすく高評価です。ロープは太くて長く丈夫なものがあれば、荷物運びや救助など多用途に使えます。

  • 05 長期間の役立ち度
避難直後は水や食料が必要になりますが、数日経つと物が散乱しているのでスリッパが欲しい、衛生管理のため歯ブラシが欲しい、など要望が変わってきます。


以上の5項目を各10点、合計50点満点で作成したランキング上位の3製品、いかがでしたでしょうか。

価格が高かったり、装備点数が多くても評価が低い防災セットも多いなか、ここで紹介した3製品は絶対に失敗しない防災セットと言えるでしょう。ただし、総合順位が下位の物でも会社の備蓄向き、長期滞在向き、女性や子ども向きなど、特定のシーンにオススメできる製品もあります。

続いて、防災セットベストランキング4位以降を発表!
・4位~7位はこちら

・8位~15位はこちら

・1位のもっと詳しい内容はこちら

・防災セットと一緒に揃えたいオススメはこちら

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

オススメのコンテンツ

  • [防災用品]
    【被災者のナマの声】本当の緊急時にあると絶対に救われるもの8選
  • [防災用品]
    震災時に「あってよかった…」No.1 じつは意外と身近なアレでした
  • [防災用品]
    これ備えても…不安が拭えない防災セットにご注意を【8位~15位】
  • [防災用品]
    【ビジネスマン必見】防災セット第4位は会社からの帰宅を安全に支援します
  • [防災用品]
    「災害直後の3日間」のために用意しておくべきもの
  • [防災用品]
    防災グッズは「バケツに詰める」のが大正解な理由
  • [防災用品]
    【防災】1枚の風呂敷で盗難対策ができる……って言ったら信じますか?
  • [防災用品]
    【揺れた!】でブレーカーを自動ダウン 地震火災の最強対策がコレです
  • [防災用品]
    水なし場所なし仕切りナシ…でも 用を足せる災害時のトイレ術
  • [防災用品]
    揺れない!落ちない! 耐震グッズは縁の下の力持ち
  • [防災用品]
    緊急時に電池切れは致命傷! 一番タフな単3電池はどれだ?
  • [防災用品]
    燃え盛る油入り鍋3つを完全消火 実録、小型消火器ホントの実力
  • [防災用品]
    手回し充電もグッと楽になった 「防災ラジオ」を徹底検証!
  • [防災用品]
    災害時でも“おしりの清潔”を守る! 携帯ウォシュレットを比較しました。
  • [防災用品]
    停電で「懐中電灯どこどこ?」にならない “自動”点灯ライトのベストはコレだ!
  • [防災用品]
    災害時に片手がふさがる懐中電灯は不便 用意すべきはヘッドライト!
  • [防犯用品]
    「話せる」ホームカメラが こんなに安心できるなんて…
  • [洗濯ばさみ・物干し・部屋...]
    【ドライヤー+ゴミ袋】→【Tシャツ速乾】まさかの裏ワザ手順がこちらです
  • [キッチン掃除]
    え、魚グリルに水溶き片栗粉? 最強のお掃除アイデアがコレ
  • [トイレ・バス・洗面台掃除]
    ウチのお風呂からカビが消えたのは、Amazonで買ったコレのおかげ
  • [雑貨]
    これぞAmazonの掘り出し物! 絶対頼れるおすすめ4選
  • [雑貨]
    知ってた? 乾電池はアレするだけで残量がわかるんです
  • [収納家具]
    無印やIKEAだけじゃない。"スキマ"にぴったりな収納の大正解!
  • [おしゃれ着洗い]
    黒い服にベッタリ…BBクリームをキレイさっぱり落とす方法